パワーストーンを右手と左手につける違いとは?

パワーストーンを右手と左手につける違いとは?

 

必要な時以外は肌身離さず身に付けているパワーストーン。

リングであったりブレスレットであったり、身につけているものは人それぞれだと思いますが、基本的には指や腕などの手に付けることが多いですね。

そんな時、右手か左手かどちらに付けた方がいいかな?どの指にはめたらいいかな?

なんて悩んでしまった方が多いのではないでしょうか?

今回は、パワーストーンを付ける場所の意味についてご紹介いたします!

 

右手と左手の違い

パワーストーンを右手と左手につける違いとは?

スピリチャルの世界において、右手と左手でそれぞれで「気」の流れが異なり、

「利き腕の逆から入り、利き腕から出ていく」

と言われています。

よって、パワーストーンの効果を得たい場合は、利き腕と逆の方に着けることを推奨します。

利き腕と逆に着けた場合…潜在意識や精神面でのパワーアップを促す
利き腕に着けた場合…魅力を引き出し、行動力がアップする

このように、気の流れに従って付ければ、パワーストーンの効果がより発揮されることが期待できます。

 

指ごとの運気について

パワーストーンを右手と左手につける違いとは?

・親指
右手 自我を意味します。自分らしさを引き出します。
左手 前向きになったり、壁を乗り越える力があります。

・人差し指
右手 アピール力が向上する力があります。
左手 夢や願望の実現を意味します。

・中指
右手 厄除けを意味します。縁を遠ざける力があります。
左手 インスピレーションを意味します。仕事の縁が舞い込みます。

・薬指
右手 豊かな精神状態を保ち、安心感を手に入れる力があります。
左手 恋人や親しい人の絆・愛情を深める効果があります。

・小指
右手 幸運を意味します。幸せを受け取る力があります。
左手 良縁やチャンスをつかむ力があります。

 

まとめ

ぃかがでしたか?
今回はパワーストーンを付ける場所の意味について解説しました!

付ける場所を意識するだけであなたの開運への道は今よりも更にアップすること間違いなしです!
パワーストーンを付けている人、パワーストーンを買おうと思っている方は是非参考にしてみてくださいね!

Fateでも願掛けをしたパワーストーンがありますので、縁起物のページを見てみてくださいね!

 

[参考サイト]

 

縁結びの出雲大社、縁切りの田中神社への参拝・祈願代行サービス

 

タイトルとURLをコピーしました