最強運パワースポット 熱田神宮 愛知県 名古屋市 神々が集まるスピリチュアルスポット

名古屋の最強運パワースポット 熱田神宮 愛知県 名古屋市 神々が集まるスピリチュアルスポット

熱田神宮は、織田信長等の有名武将が戦いの前に必勝祈願に訪れ、古くからそのスピリチュアパワーは実証済みです。皇室の宝である三種の神器の一つ、草薙神剣(くさなぎのみつるぎ)を祀る神社です。多くの神社が集まる広い境内の中でも、とにかく壮大なパワーを感じる本宮をはじめ、美肌や、仕事、恋愛、勝負運、金運を授かるパワースポットです。

御祭神は
主祭神に、
熱田大神
(熱田大神とは、三種の神器の一つである草薙神剣(くさなぎのみつるぎ)を
御霊代(みたましろ)・御神体としてよらせられる、天照大神のことです。)

相殿神に、
天照大神、素盞嗚尊、日本武尊、宮簀媛命、建稲種命

熱田神宮の創祀は、
日本武尊の妻宮酢媛は、草薙神剣を奉っていたが、やがて老いたとき、身近な人々を集め、草薙神剣を鎮守するための社地の選定を諮った。ある楓の木があり、自ら炎を発して燃え続け、水田に倒れても炎は消えず、水田もなお熱かった。ここを熱田と号して、社地に定めたという。そして、媛はみまかり、居宅のあった氷上邑に祠が建てられ、氷上姉子天神として神霊が奉じられることになります。
創祀年を景行天皇43年(西暦113年)とした中世の「熱田大神宮御鎮座次第本紀」などの説に基づいたものです。ところがこの創祀年についても近代よりまちまちにいわれ、景行天皇43年とする説のほかに、同41年、同49年などとする説もあります。
景行天皇41年は「熱田宮旧記」(1699年(元禄12年))などにみられ、その根拠は定かではないものの、明治時代に至っても角田忠行が採用していた説です。日本武尊の御陵ともいわれた白鳥御陵(白鳥古墳)において毎年4月8日に行われていた祭典は日本武尊が景行天皇41年4月8日に没したとする伝承に基づくものでした。景行天皇49年は上記の「熱田大神宮御鎮座次第本紀」が一説として紹介している年で、江戸時代には天野信景が支持した説です。

Music by DOVA-SYNDROME

美肌県出身の私にとっては美肌と目にご利益がある「清水社」がとても気になります♫

タイトルとURLをコピーしました