水色赤の今日の修行 岡山の隠れパワースポット 楯築遺跡 岩倉神社

水色赤の今日の修行 岡山の隠れパワースポット 楯築遺跡 岩倉神社

岡山県倉敷市にある隠れパワースポット
温羅伝説の一つの場所

楯築遺跡は,倉敷市矢部に所在する弥生時代後期に造られた墳丘墓で,円丘部とその両側に長方形の突出部をもつ特異な形をしています。突出部の大部分は昭和40年代に行われた開発工事で破壊されましたが,消滅した突出部を含む全長は約80mと推定され,同時期の墳丘墓では全国でも最大級の大きさを誇ります。
岡山大学が行った発掘調査により,中心主体となる埋葬は,木棺の外側を木の板で囲んだ木棺木槨構造であることがわかりました。木棺の底には,総重量32kgを越える大量の水銀朱が分厚く敷き詰められており,その上には鉄剣1口と勾玉や管玉,ガラス製小玉などの玉類が副葬されていました。また,中心主体の上部にあたる円丘部の中央付近には,おびただしい数の円礫が堆積しており,この中には特殊器台などの土器類や土製品をはじめとして炭や灰,また,旧楯築神社の御神体である旋帯文石(せんたいもんせき)と同様の文様をもつ小形の石など,数多くの遺物が含まれていました。

ウェブサイトより。

石に宿るもの
岩倉神社
元禄年間に再興し、明和5年及び安政年間に再建され、現在に至っている。仁徳天皇の御代に吉備津宮の五社殿を創建したとき、この岬に社殿を創建したと伝われている。

吉備津彦命が吉備国に下向のとき、片岡の伊狭穂が栗坂の里で、稲を苅って軍卒に命じて船に積み北に向かったが、急流なので船を廻して、西の岬に荷揚げして軍糧を献じたので名を大稲船と賜った。
潮流の急な所を瀬口、稲を荷揚げした所を稲倉と呼んだ。後に稲倉が岩倉と転訛した。

神社看板より

情報やご意見、苦情、感想はYouTubeコメント、各メンバーTwitter まで宜しくお願い致します

メールでの問い合わせも受け付けております
メールアドレス mizuiroaka@outlook.com

岡山県 水色赤と云うバンドの様なモノ

水色赤 ほぉむぺゑじ https://mizuiroaka.wixsite.com/-site

水色赤ノ亮人 Twitter
https://twitter.com/akihito_bums?s=09

水色赤ノ未散 Twitter
https://twitter.com/akairomichiruno?s=06

甘藍 Twitter
https://twitter.com/mongolure?s=06

使用させて頂いている素材サイト様

効果音ラボ様
写真AC様
OtoLogic様
効果音:ポケットサウンド – https://www.youtube.com/c/ポケットサウンド
音楽研究所 http://www.mu-tech.org/Traditional/index.html

遺跡や古墳があんなに分かりやすく見えるようになっているんですね💡

岩倉神社は駐車場が無さそうなので、下調べをしてから行くのが良さそうですね♪

 

タイトルとURLをコピーしました