【須賀神社】 佐賀県小城市パワースポット【九州の神社・パワースポット巡り】

【須賀神社】 佐賀県小城市パワースポット【九州の神社・パワースポット巡り】

九州の神社・パワースポット巡り
【須賀神社】佐賀県小城市 078

須賀神社は、延歴202年(803)の勧請で
牛頭天王(須佐之男命)をまつり、「清祠」と称し佐賀、
小城、杵島の宗廟の神社であったと古書に記録されています。

後に地頭職にあった千葉胤貞が九州下向の際に、
当社のある城山に城を構え、また京都祇園社(現八坂神社)の
御分霊を勧請し神体の木像を納め、
千葉氏の守護神としたとされる。

戦国期には龍造寺隆信が社地・社領を寄進し、
1590年(天正18年)には鍋島直茂が神殿を修復、
翌19年にはさらに拝殿を再建したが、
1828年(文政11年)に火災により焼失している。

1876年(明治9年)廃仏毀釈により社号が
「祇園社」から「須賀社」に改称された。

大正13年(1924)には旧県社に列せられ、今日に及んでいる。

須賀神社の参道の石段は「男はつらいよ ぼくの伯父さん」(1989年)
「ソフトボーイ」(2010年)のロケ地として使用されました。

御祭神:健速須佐之男大神(たけはやすさのおのおおかみ)
櫛稲田姫大神(くしなだひめのおおかみ)

千葉城
通称・別名:東千葉城、祇園城、牛頭城、牛頸城、小城城。

南北朝、室町、戦国時代に小城郡、佐賀郡、杵島郡の
三郡一帯に勢力をふるった千葉氏の山城跡です。

築城年代は定かではないが、
史書には肥前国の地頭職であった千葉大隅守胤貞が
正和五年(1316)はじめて下総国(千葉県)より下向し、
晴気に居住し、それとともに千葉城をつくったとしています。

祭神の須佐之男大神は尚武・愛情・病災消除・農商工業の神として
御神徳を有して居られ、古来より近郷近在の人々の深い信仰を集めている。

鎮座地
佐賀県小城市小城町松尾3594

建速須佐之男命様は気性が荒かったことから高天原を追い出されますが、そのあらぶり方から厄をも吹き飛ばすと言われる神さまですね💡

最近良くないことが続くと感じたらすぐお参りに行かせて頂きたい神社様です✨

タイトルとURLをコピーしました